アダルトグッズ売れ筋は。。。。

2015年を振り返ってみてみると、売れ筋はやはりローター系だったようです。 リモコン、指先につけるもの、女性が買いやすいものに人気が急上昇したことは言うまでもありません。 女性誌に堂々とsex特集が組まれることも珍しいことではなくなりました。 女性も自分で快感を追及したり、次のデートでの戦略を練ったり、などなど、楽しんでいる女性が増えたようです。 アダルトグッズも、グロいものといやらしさを全く感じさせない、おしゃれなものと二局化しているようにも思われます。老舗のメーカー、トイズハート社やマジックアイズ対TENGA,といった構造でしょうか。 どちらがこれから優勢になっていくかはともかく、アダルトグッズの客層も幅広くなったことだけは間違いないでしょう! 女性のひとりHのためのグッズも人気です!!        

美少女ゲーム

美少女ゲームは日本のアニメーションと文化が融合した独自世界です。 美少女が登場し、キャラクター性、ストーリー性があり、シナリオの完成度の高いものが人気です。美少女ゲームというジャンルができる前、アダルトゲームと呼ばれた時代、その歴史は古く。1979年ごろに、初めに発売されたアダルトゲームがあるようです。内容は野球拳。いかにも時代を反映した内容ですね!そのあとには、コンピューターゲームも発展とともに、様々なゲームができ、性描写を含んだ、過激な内容が多くなりました。一部のオタクのものとして、ひっそりと売られていたものですが、幼女殺人事件や中学生がそれらを万引きするなどの事件が相次ぎ、成人向けゲームへの非難が高まるようになりました。その結果、規制も厳しくなり、『子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議』がストックホルムで開催されたり、日本人のアジアでの児童買春も問題となり、日本国内で制作されてい・・・

日本の匠の技術 ラブドール

ラブドールとは精巧に作られたダッチワイフのことです。今その技術は素晴らしくシリコンを使ったものがあります。 価格も高額で50万円~となっています。しかし、その値段のことだけあり、骨格が内蔵されているのでポーズができたり、ポーズを固定したりすることもできます。 重量も20~35キロと。自分では動かせるが、ある程度の重量感で人間味がある重さとなっています。 そして、なんといっても驚くのは顔の可愛さとリアルさです。 タイプも様々。ギャルから清楚なお嬢様、少女のようなタイプがあります。 オリエント工業は1977年創業のダッチワイフの制作を手がける会社です。 元々はアダルトグッズ店だった創業者が、当時のビニール製のダッチワイフの使い勝手の悪さを改善すべく創業したものです。現在このオリエント工業のラブドールは世界でも注目されるほどの精巧さと美しさです。 あまりのリアルさで、死体と間違われて警察が来たと・・・

江戸時代の川柳

昔から恋愛に関する題材にした和歌、短歌は多くありますが、どれも恋の悲しさ、はかなさをテーマにしたものしかないそうです。 恋愛の楽しさや、おかしさを題材にしたものは江戸時代になって初めて川柳の題材で出てきたそうです。 その川柳を、ばれ句(破礼句)と言います。 破礼句とは、例を破るという意味で、いわゆる下ネタを題材にした句です。 江戸庶民の恋愛や性行為を題材にした句で、ユーモラスなものが多く詠まれています。 ラブホテルを題材にした句 出合茶屋上るやいなや叩きすえ 出会茶屋あんまり泣いておりかねる 出合茶や二つにわれてかへるなり アダルトグッズを題材にした句もちゃんと詠まれていました。 人間のたけり迄ある小間物屋 やはり江戸時代からアダルトグッズ店は庶民に愛されていたようです。   思わずくすっと笑ってしまうような内容が多いです。 これを読んで、おおらかに笑いあうような、のんびりした文・・・

東京人気ラブホテルNO.1 目黒エンペラー

目黒エンペラー 人気のラブホテル東京都内では、目黒区のホテル目黒エンペラーが一番人気です。 元々ラブホテルの老舗であるこのホテル。創業は1973年。お城のような外観で一世を風靡しました。 今までのラブホテルとは全く違う概念で作られ、豪華で綺麗なラブホテルはここから始まりました。 外観だけでなく、内装にもお金をかけて作られて、当時はAVの撮影も良く行われていました。 TVでCMを流したのも、ここが初めてです。その後、惜しまれながら閉店。 しかし2007年に堂々の復活をしてからは、また人気を誇っています。 2014年にはホテルアワードを受賞! 外観の豪華さ、立地の良さも人気の理由です。 窓から桜の見えるお部屋もあり、お花見シーズンには夜桜も楽しめます。 内装もゴージャス。庭園露天風呂のある部屋やメゾネットタイプの部屋ワインセラーのある部屋など、様々なタイプがあります。 アメニティが充実している・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ